子どもが欲しい女性を応援します

幸福の多様化

戦後に迎えた高度経済成長期を象徴する言葉として「巨人」「大鵬」「卵焼き」がありました。マスコミによって作られたこの言葉はテレビ存在が貴重な時代で一家に一台のテレビに家族で巨人や大鵬を見たり、戦後で物が少ない時代で栄養価の高い卵焼きがみんな大好きなことを表しました。当時は幸福や楽しみというのはだいたい決まったものでした。

そして現在、インターネットの普及と共に情報化社会を迎え私たちは様々な情報を手に入れられるようになりました。かつてのみんながテレビを見る時代は終わりインターネットを介して個人が自分の選んだ、さまざまな情報を手にする時代になりました。

その情報がネットを介してスピードを伴い拡散する時代となり、テレビなどの受けとるだけの情報から発信する情報も加わりました。そんな膨大な情報を手にした私たちは人それぞれ様々なものに幸福を感じ求めるようになりました。

様々な生き方と情報の発信へ

情報社会を迎えた私たちは、かつてのテレビのような受け取るだけの情報から、インターネットを介した発信する情報が加わりました。私たち個人はさまざまな意見や権利を主張できるようになりました。一昔前は大人になったら結婚して家族を作ることが幸福だと考えられていました。しかし、現在は幸福の多様化・様々な生き方・権利が認められるようになりました。

結婚は過去のものになりつつある

最近ではあえて婚姻届けを出さない事実婚という言葉を耳にするようになりました。今日、結婚した夫婦の3人に1組が離婚すると言われています。また、男女の結婚する年齢が遅れる晩婚化も進み、結婚したとしてもお互い一緒にいる時間を大切にして子どもをあえて作らいないという生き方を選択する夫婦も増えました。結婚というのは子どもを産み育てるための手段・契約でしかないといえるのかもしれません。

産みたいけど相手が見つからない

パートナーがいなくても子どもが産める。現在50歳までに1度も婚姻歴がないという生涯未婚率は上昇しています。生涯独身でいる人が多くなりました。

若い頃は、良くも悪くも自分の考えを持っていません。アイデンティティが構築される時期です。その頃は物への考えが柔軟で色々な物や人に考えを合わせることができます。この頃に異性と出会い結婚して共に物への考えや価値観を作り上げるのが理想的です。人は年齢を重ねると自分の考え・物への価値感がはっきりしてきます。つまり、個性がはっきりしてくるというものです。年齢を重ねると自分と同じ考え、物の価値感をもっている人と出会えることは少なくなる。30歳を過ぎ始めると結婚するための活動、婚活をしても相手が見つからないということが多いようです。

相手がいなくても子どもを産める

年齢的に子どもを産むことの年齢が迫っている。焦りや不安な気持ちがありませんか。一般的には女性は30歳を超えると妊娠することが難しくなる、また病気がちな子供が生まれてくることも多くなると言います。産みたいけど相手が見つからない。そんな場合は個人の男性から精子だけを提供してもらい受けて子どもを産む方法があります。ボランティアでしている方が多いです。
未婚でも子どもを産みたい女性へ精子提供をしています。

最近では子どもを産まなかった女性が子どもを産めない年齢になり、子どもを産まなかったことを後悔する人たちが増えたようです。「未産うつ」という言葉も聞かれるようになりました。
未産うつとは何か。