「未産うつ」とは何か。

最近、未産うつという言葉を聞きました。女性が社会進出が一般的になった現在、子どもを産むこと産まないことを選択することは自由です。また、最近では結婚する年齢が男女ともに遅れる「晩婚化」の時代です。そのため結婚しても女性が高齢で子どもを産むことができない夫婦が増えたと言います。しかし、女性には子どもを産むことができる年齢が限られているため子どもを産めなかったことを後悔する女性が多くいるようです。

1度はあきらめたはずなのに・・

1度は子どもをあきらめたはずなのに子どものことがどうしても気になってしまう。40代になり妊娠するための活動を始めた人の中には、体外受精をするひとたちが多くいます。その中には女性が高齢で採卵すらできない人もいると言います。もうあきらめるしかない。街中で子どもを連れた家族連れに会うのが辛くて引きこもりがちになってしまうこともあると言います。一度この状態になってしまうとずっと心が晴れることはなくなってしまうでしょう。

自分が年老いて病気になったとき、死が確実にやってくるときに子どもの存在は特別なものになります。自分の分身がこの世に居てくれるからこそ悔いなく新で行ける。どんな手段、どんな結果になろうとも1度は産んでおくという選択も良いのかもしれません。

自分の子どもを産んだという実感と苦悩

女性は男性と違い、直接子どもを産むことができます。自分の子どもを産んだという実感が得られることは逆に子どもを産んでいない、産めないということはとても辛いことなのではないでしょうか。
間違いなく自分の子どもであるという喜びと苦悩