間違いなく我が子である「喜び」と「苦悩」

男性とは違い直接、子どもを産むことのできる女性には間違いなく我が子である喜びがあります。いつの時代も我が子を抱く母親の姿というものは尊いものです。女性が子どもを産めないことはとても辛いことなのではないでしょうか。

卵子は精子と違い、生まれたときに一生の数が決まっています。毎月、排卵のたびに数が減り確実に妊娠しにくい身体になっていきます。30代後半の年齢ともなると流産や病気がちな子どもが生まれることが増えます。元気な子供が産める年齢が決まっている女性には焦りや不安があるのではないでしょうか。